So-net無料ブログ作成

人権標語の例(職場・作品集) [会社・企業]

スポンサードリンク




人権標語は小学校や中学校などで作成されることが多いという印象ですが、
実は職場などで作成されることも多くなっています。


日本人もそうですが、企業のグローバル化により、交流の多くなった外国人も
人権に対してシビアな考えを持っている国の人なども多いのが理由の一つですね。

他にも、職場でのパワハラやセクハラなどのハラスメント、いじめや嫌がらせといったものも増えているという背景もあります。


仕事によって感じるストレスが原因で、そういったことが起こっているようです。

ストレスを感じなくすることは不可能ですが、標語によって一人ひとりの心を和らげる助けをすることぐらいはできるかもしれません。

差別をなくすこと、人への思いやりを持つこと、相手の立場に立って考えるなど小学生でも教えられたような内容にはなりますが、
それが人権標語を考える上で必要な根本となる部分だと思います。

5・7・5の形で作成するとリズミカルで、良い感じのスローガンに聞こえるので、オススメですよ。


スポンサードリンク


  • 人権標語の例(職場・作品集)