So-net無料ブログ作成

KYT/危険予知トレーニング(工場・交通事故・車の運転) [危険予知]

スポンサードリンク




工場での作業中や車の運転中の交通事故など、あらゆる場面で危険というものは付きものです。

その危険をあらかじめ考えておき、対処法を前もって検討し、実際に事故が起こった際に迅速かつ的確に対処できるようにトレーニングすることが危険予知訓練(KYT)といいます。


このトレーニングは、実際に運転したり、現場で訓練することは難しい為、イラストなどを用意して、紙の上でするトレーニングが一般的となっています。


例えば、車の運転などの交通事故なら、死角が多いような狭い道路を走行中のある場面において、どのようなことに注意しなければならないのかということを考え、その対応をあらかじめ検討しておくという流れです。


個人でやるよりかはグループワークで意見を出し合って考えるのがオススメとなります。

それぞれがしっかり考えるように、3から5人程の少人数であることが必要だと思います。


この危険予知トレーニングは、教習所の講義でもありましたし、運転免許試験でも出題されるようなものです。
車を運転する上では、必ず必要になるトレーニングであることを、運転者が自覚する必要があります。

近年の悲惨な交通事故の増加を防ぐ為にも、すべての運転者が実践するべきでしょう。

スポンサードリンク


  • KYT/危険予知トレーニング(工場・交通事故・車の運転)