So-net無料ブログ作成

人権啓発標語の作り方・例(企業や職場) [会社・企業]

スポンサードリンク




人権に関する標語といえば、小学校や中学校の授業で教育を受けることが多い印象だと思います。


しかし、最近では企業(職場)で、人権啓発標語が考えられていることが多いというのが事実です。
社会人であるからこそ、必要な考え方であるとされているということです。


特に大手企業などでは、コンテストが催されたりと、社内でも社員全員で取り組みを意識させる方法を実施していたりしますね。


東京人権啓発企業連絡会や全国銀行協会では、人権擁護への取り組みを行っており、毎年作品を募集し、優秀作品を選び表彰を行っているそうです。


今年はオリンピックも開催されましたので、国際的にも人権に関して意識されるタイミングではあると思います。


会社で人権啓発標語の提出を求められている方も多いようで、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

作り方のコツですが、やはり人権に関するキーワードを考えて、それを元に作成するのがオススメですね。

やはり人気があり、使いやすいのは、思いやり、差別、個性、勇気、笑顔、ありがとう、感謝などとなります。


例としては、全国銀行協会の優秀な作品をご紹介させて頂きたいと思います。

・あいさつは 誰でも贈れるプレゼント 笑顔をつけて 心を込めて
・人のこと 自分のことと思えたら きっとつながるみんなの心
・ちょっとした やさしさ 気づかい 思いやり 自然に生まれる 「ありがとう」
・優しい気持ちと思いやり みんなで創る 笑顔の社会

スポンサードリンク


  • 人権啓発標語の作り方・例(企業や職場)
  • 安全標語(製造業・建築工事の現場)
  • ヒヤリハット(事例集・報告書の書式)
  • KYT/危険予知トレーニング(介護・医療)
  • 交通標語